FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モンスターペアレント

モンスターペアレント

→番組サイト

火曜夜10時  
7月1日~

主題歌 「愛が哀しいから」徳永英明




高村樹季:米倉涼子

望月道夫:平岡裕太
三浦圭吾:佐々木蔵之介
田川龍之介:角野卓造

小山和明:温水洋一
相原エリサ:大友みなみ

城山幸太郎:草刈正雄
加藤和臣:眞島秀和
園部愛理:堀まゆみ

川本好子:南野陽子

時任昭雄;風見しんご





第11話


望月を刺した夏目は自首

ある日、田川教育長を宮園が訪ねる。
宮園は昔、息子の内申書は不当に低いとクレームをつけてきたことがあった。

事件の続く教育委員会について、クレームをした後で、
市の助役もやってきて、宮園とうまくやるように忠告してくる。
宮園の妻は、教育委員会を正そうとし、その協力を樹季に求めてくる。

宮園の情報提供で、週刊誌に市教育委員会の問題が明るみに出る。
宮園が率いる保護者達は、納得のいく説明、保護者による教育委員会の運営を要求する。



意識が戻った望月は、改めて樹季に教育委員会への協力を求める。


悩んだ樹季は、事務所を辞め、教育委員会の問題に専念する。

示談を受け、三浦が釈放された


「教育委員会の不祥事に関する事情説明会」に出席した田川教育長をはじめとする教育委員会の職員。
そこへ、樹季がやってきて、仕事をしての考え、大人の行動をちゃんと見ている子どもたち、
教育委員会・親が一緒に子供を見守っていこうと訴えた。

週刊誌への情報提供の証人の姿を会場に見、宮園は糾弾の手を止めた。
三浦は現場に戻り、樹は個人事務所を開いて、教育委員会の代理人についた。

城山は樹季の席をそのままにとってある。



第10話



樹季は、契約の終了を理由に、「仕事は今日で終わり」と教育委員会を後にした。

学校のサッカー部
顧問の夏目に、息子の勝をレギュラーにしろとねじ込む母親・倉橋。
様々な要求をして、夏目が婚約者とデート中にもやってきて文句を言う。

顧問を辞めたいと言っても取り合ってもらえず、
軽く「がんばろう」と言う望月に、怒りを爆発させる倉橋。

望月も悩み、樹季にアドバイスを求める



樹季は三浦の弁護を続けるが、相手は強気に、懲戒解雇と損害賠償を要求してきた。憔悴している三浦。
三浦の別れた妻を訪ねる樹季。

妻は、「娘の友達も被害にあっていた」と、娘の日記帳を渡してくれた。

樹季は被害者を訪ねるが、みんな口は重かった。
証言はとれなかったが、証拠があるふりをして、ハッタリをかけ、示談に持ち込む。

望月は樹季のアドバイスを胸に、
勝がサッカーが大好きで楽しんでいることを母親に感じさせる。

母親は、その話と勝の笑顔を見、気持ちが変わっていく。



そのころ、婚約者に弱気さを指摘され別れを告げられた夏目が学校に行くと、
望月と倉橋が、楽しそうに勝を応援する姿があった。


仕事の成功に、樹季にプレゼントを買った望月が、夏目に刺される。
意識が戻らない望月。






第9話

華山小学校の教師・植松は頑固なタイプで、今、保護者の相澤と対立している。
子供の茶髪でパーマをかけた髪型、携帯電話の所持、学校を休んでの海外旅行と、
これまでも、ことごとく問題は起きていた。

相澤の子供のこずかいは月2万。
それに祖父からもらったこずかいを入れて、5万円がなくなったと母親が言ってきた。母親は、誰かにとられたと主張する。

樹季が見つけた相澤の子・じゅりあ。
じゅりあは、ボランティア団体に寄付をしていた。


樹季は、教育長から三浦の弁護を依頼される。
弁護の許可を城山から得た樹季だが、それ以外の教育委員へのかかわりを禁じられる。



第8話 急転!悲しみの鉄拳モデルの仕事で学校を休みがちの桃花
仕事を休ませられないという親に、個人授業を申し出る担任の中川。

が、三浦はその話に納得しない。
担任の、中川は、以前三浦の娘・由加の担任だった。
中川に個人授業を受けた由加が中川にいたずらをされたと訴え、
三浦は中川を糾弾した。

警察の協力も得られないまま、三浦は自分で中川の周囲を探り、そのせいで由加の話は広がり、
家庭も壊れた。
中川の父親は文部科学省の役人で、この一件の直後に三浦は教育委員会に来た。

田川教育長から事情を聞いた樹季は、個人授業ではなく、親が宿題を見ることで説得し成功する。


城山から、教育委員会の仕事をやめるよう勧められ、事務所のシニア・パートナーの話が出る。

めずらしく三浦から感謝の言葉をかけられ、
シニア・パートナー会議に出席しようとした樹季に、
望月から、結局個人授業をやることになり、それを知った三浦が出て行ったという連絡が入る。

会議をすっぽかし、学校に行く樹季
が、三浦は教室に乗り込み、中川と桃花の姿を見て中川を叩きのめす。
中川は救急車で運ばれ、三浦は警察に連行された。




第7話 

不吉なことが起きるから、遠足の日にちを変えろと言い出す母親・藤巻
自分には、未来を先どる特殊な能力がある、と主張する。

これまでにも様々なことが見えたと主張する藤巻。
・明日の朝、大変なことが起きるを警備しろ。
・給食を食べると腹痛をおこす
・剣持という生徒に綾音がいじめられるから、綾音のクラスを変えてくれ

これまで言ったことは、少しずつ当たっていた。


実際、娘の綾音が自転車とぶつかりそうになり、
藤巻が頭の上に気をつけろといった後に、樹希は頭をぶつけた。


綾音は、母親がこうなったのは自分のせいだと思っていた。
3年前、母親が止めるのを聞かずに公園の遊具で大怪我をした。
それがきっかけで、藤巻は離婚。

藤巻には実際に先のことが見えていたが、
見えていたのは一部分で、剣持は綾音に逆上がりの特訓をしていただけだった。

先のことを心配するより、目の前の今の綾音のことを見てくれと訴える樹希




第6話
担任教師・武藤が子供を誘惑したと松永が怒鳴り込む。

事実は誤解だった。

武藤の顔を変えさせるか、担任を変えろと言ってくる松永。
それまでも、子供可愛さに、無理な要求を言ってくることがあった。

娘の実咲が日曜に友達と水族館に行くから、教師がついていくべきだと主張する松永。
担任は不適格だからだめだという。

結局、休暇をとることになっていた樹希が連れて行く。
無事水族館から帰った樹希達だったが、

間をおかずに松永から、
「不審者が来るから警備員と監視カメラを配置しろ、先生が子供を送れ」と要求する。
樹希は、松永と話をして、娘のことをまじめに考えていることがわかるが、
松永は前の晩から、実咲が口を利いてくれないと悩んでいた。
実咲は父親のことでクラスメートにいやみを言われていた。

そして、実咲がいなくなる。
総出で探すが見つからない。

実咲は、母親の実家にいた。



第5話
民間からの校長・友竹の講演を聴きにいく望月と樹希。
友竹は父兄から人気がある。

その友竹が樹希を訪ねてくる。
問題の親・梶田は、担任教師香川が自分の息子を殴ったという。
香川はそれを否定。

梶田はこれまでにもさまざまの要求をしており、
梶田がモンスターペアレントだと、マスコミにリークがあった。

梶田は孤立するようになり、香川に殴られたという発言を撤回した。

事態は解決したかに見えたが、ある日か自他と同じクラスの子を持つ父兄・北村がやってくる。
北村の息子は、香川が梶田の息子を殴るのを目撃していた。


友竹校長は、香川の暴力を知っていて、それを隠蔽するために梶田をモンスターペアレントに仕立てた。マスコミへのリークも校長がやったことだった。




4話
息子の担任教師・寺田の授業にクレームをつける医師・江藤克美。
息子・英二郎は、自分の病院を継ぐ医師にならせるという。

樹希は江藤の言うことに理解を示し、寺田の友人の望月と対立する。
樹希のチームにも、力の出せない弁護士がおり、樹希はその松岡に厳しく当たっていた。

寺田が、「息子の成績が上がらないのは教師のせい」といい、
「医者になるのに図工は必要ない。受けさせない」と言い始めた。

松岡は事務所をやめると言い出し、寺田も教師を辞めたいと言う。


昔、寺田の長男・英一郎の担任が今の教育委員会の小山だった。
医師になるために勉強を押し付けられてふさぎ込んでいた英一郎に、ビートルズのCDを渡した。
小山の言葉に、英一郎はテストを受けず、家を飛び出した。

英一郎がそうなったのは小山のせいと思っている江藤は、担任の教師を信用しなくなっていた。



樹希は小山のもとに来た手紙を手がかりに、つてを頼って英一郎を探す。
そして、樹希に英一郎からメールが来た。

父親にも宛てていたそのメールを、樹希は父親に見せる。
ミュージシャンをめざして自力でがんばっている英一郎。

父親は、英二郎の図工好きに、理解を示し始める。




第3話
給食費を払わない家庭への訪問に同行する樹希
行く家は3軒。
1軒目は、払う払うといいながら結局払わない富永。
2軒目は豪邸で、食育を盾に、子供の口に給食は入れられないと主張。
3軒目は寺本。以前はきちんと払っていたが、最近滞納が続いている。

その後、樹希が中心になって家庭を訪問する。
富永の家で話をするが、らちがあかない。

寺本家は居留守

が、その後、給食費の未納分を学年主任の教師が肩代わりしていたことがわかる。


子供の給食を止めようとするが、樹希は寺本のことが気になっていた。
話を聞きにいくと、寺本の家の父親は入院しており、生活にも困っていた。
寺本の子供は、小遣いを集めて給食費を教育委員会に持ってきていた。

公的支援を勧める樹希。

それを聞いた富永が、自分も援助を受けようとやってくる富永。  
望月が怒っていさめる。



第2話 学級閉鎖しろ   南野陽子

日曜日、友人と公園で遊んでいて怪我をした川本まさお

母親は、、まさおが学校にこられないのに、一緒に居た小島純太が学校に来ているのは不公平だから純太を学校に来さすなと言い出す。


校長は腰が引け気味で、担任が一人で対応している。
両者の話し合いに同席した樹季。

川本は、まさおが治るまで学級閉鎖にするよう主張する。

ある日、川本から、損害賠償一千万円を払わなければ、裁判をするという内容証明が送られてくる
川本家を訪ねる三浦と樹希と望月。
相手にしてくれない川本を待つうちに、帰ってきたまさおの父と話をする

父は、妻の行動の行き過ぎはわかっているが、訴えを取り下げるつもりはないという。

川本が最初に担任に相談したときに、生徒はまさおだけではないと冷たくあしらわれたと言う。

樹希は、担任 を訪ねる

樹希の話を聞き、
担任は、教師になった希望を忘れて父兄の話を聞こうとしなかったことを川本に謝罪する。
川本の要求は終わらなかったが、話し合いは続いていた。



地域交流会の劇で、配役をめぐって保護者からの要求が多く、
結局、10人の赤ずきんが並んで劇が始まった。



第1話 娘の担任をかえろ  渡辺秋枝:木村佳乃
ウィルソン・城山法律事務所のエース、高村樹季
事務所の所長・城山から、紹介された依頼人は、教育委員会・教育長、田川だった。
樹季を望月が現場に案内する。

現場は小学校。
いくつかのクレーム現場に立ち会う。
モンスターペアレントと呼ばれる親たち。

そして、遠足の写真にあまり写っていないからと担任・真田をロリコン不適格教師とののし

る親・渡辺。

教育長は、学校と親との問題の解決を依頼しろという。
最初は断ろうと思って樹季だが、上を狙って引き受ける。

渡辺は、クレームだけでなく、連日学校に現れ、
一日10回以上、真田の携帯へ電話をし、真田は精神的にも追い詰められていた。 
合理的に解決しようとする樹季と、意見を異にする教育委員会の三浦。

渡辺が隠れて授業風景を撮影したビデオについて、それが犯罪になる恐れがあることを知らせる樹季。
その後渡辺は、真田を5時間責め続けた。

その晩、真田が自殺未遂をする。

樹季は元の仕事に戻る。

しばらくして、偶然出会った渡辺に、樹季は礼を言われる。



スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

スポンサードリンク

ドラマ猫

ドラマ猫目次

2008年10月期ドラマ
イノセント・ラヴ セレブと貧乏太郎チーム・バチスタの栄光 オー・マイ・ガールOLにっぽん 相棒  親孝行プレイ風のガーデンおみやさん七瀬ふたたび小児救命 夢をかなえるゾウ流星の絆ギラギラサラリーマン金太郎メンドルブラッディ・マンディ スクラップ・ティーチャーSCANDAL Room Of King

トンスラ 2008年7月期ドラマ
太陽と海の教室シバトラモンスターペアレント学校じゃ教えられない ゴンゾウ正義の味方ここはグリーンウッドコードブルー四つの嘘乙女のパンチその男 副署長 魔王ロト6で3億2千万当てた男打撃天使ルリウォーキン☆バタフライ ヤスコとケンジ恋空 THE QUIZ SHOW Tomorrowキャットストリート

2008年4月期ドラマ
 ◇CHANGEおせん絶対彼氏ホカベン週刊真木よう子7人の女弁護士2ラストフレンズパズル ◇Around40キミ犯人じゃないよね?秘書のカガミROOKIESごくせん3ハチワンダイバー猟奇的な彼女スミレ16歳

2008年1月期ドラマ
ハチミツとクローバー  ◇ボンビーメン  ◇斉藤さん  ◇薔薇のない花屋  ◇だいすき!  ◇あしたの喜多善男1ポンドの福音 

2007年10月期ドラマ
ガリレオ  ・暴れん坊ママ働きマン有閑倶楽部モップガール 

2007年7月期 ドラマ
花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス

関連品

主題歌・出演者関連品 原作本など
                                     

ブロとも申請フォーム

スポンサードリンク

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。